シニアゴルファーがエージシュートの夢を追って!

ゴルファーの夢、生きがい…エージシュートめざす


ゴルフの歴史とは

イギリス発祥の紳士のスポーツとして知られるが、その起源についてはスコットランドを筆頭に、オランダ、中国など世界各地に発祥説があり、定説がない。
 
北欧起源の「コルフ」という、「打った球を柱に当てるスポーツ」が、スコットランドに伝わったとする説。

オランダの「フットコルフェン」から来ている説。近年、オランダからスコットランドへのゴルフボール輸出書類が発見され、起源として有力視されるようになった。

中国の元の時代の書物『丸経』(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説。

捶丸については、中国の学者が五代十国の時代にまで遡るという説を出している。

初期のゴルフでは現在のような整備されたコースはなく、モグラの穴を利用してゴルフを楽しんでいたといわれる。

またスコットランド地方でゴルフという競技が確立した頃は、パーという概念は存在していなかった。

なぜなら2名のゴルファーが1ホールごとにホール内での打数により勝ち負け(同じ打数の場合、そのホールは引き分け)を決め、18ホールまでにどちらが多くのホールで勝ったかを競うマッチプレー方式で行なわれていたため、それぞれのホールに規定打数を決める必要が無かったからである。

マッチプレーは2名で競技する場合はホールごとに勝ち負けが決まるため単純明快だったが、より多くのゴルファーによる試合では優勝者を決めるまでに18ホールの試合を何回も繰り返す必要があり、やがて多人数で競う場合には順位付けがし易い、

予め定められたホールをまわった時点の打数(ストローク)の合計を競うストロークプレー方式が広まるようになった。

ストロークプレーが主流になると、それまでコースごとにまちまちだった18ホールの合計距離などに対し、画一した規格を決める必要が出てきたため、全てのホールに対し既定打数を決めて、コースごとの合計既定打数による比較がし易いように定めたのが、パーの起源である。

起源にはいろいろな説があるものの、現在のゴルフというスポーツが発展し完成して近代スポーツとなったのがスコットランドであることは間違いない。

1457年には時のスコットランド王国国王ジェームズ2世によって、ゴルフにふけって弓道の鍛錬を怠る貴族たちへのゴルフ禁止令が出され、これがスコットランド史上におけるゴルフの初出であるとされる。ゴルフはスコットランドの東海岸から広まっていき、宗教改革時のスコットランド長老教会の否定的な態度にもかかわらず民衆の娯楽として広まっていった。1750年ごろにはエジンバラとセント・アンドルーズにゴルフクラブができ[1]成文化されたルールが定められ、、またイギリス帝国の拡大に伴って世界各地に移住したスコットランド人によってゴルフも各地で行われるようになった。1860年には世界初のゴルフの選手権大会である全英オープンもはじまった。

しかし、ここまではゴルフはスコットランド人独自のスポーツに過ぎなかった。

ゴルフが爆発的に広まるのは、1880年代にイングランドでゴルフブームが起きてからである[2]。

イングランド各地にゴルフ場が建設され、さらに1890年代にはアメリカでも流行が始まり、またイギリス人によって世界各地にゴルフ場が建設され、ゴルフは世界的なスポーツとなっていった。

日本における最初のゴルフ場は、1901年に神戸市の六甲山に作られた神戸ゴルフ倶楽部である。

これは外国人向けのもので、日本人による日本人のためのゴルフ場は、1913年に井上準之助らによって

東京・駒沢に作られた東京ゴルフ倶楽部が最初である[3][4]。

現在では世界に広まり、各国にプレイヤーが存在する。ゴルフ場も各国に建設され、2008年には35,112のゴルフ場が存在するまでになっている[5] が、中でもアメリカ合衆国が約半数を占め、圧倒的に多い。中国でゴルフは「緑色阿片(緑のアヘン)」と呼ばれ、資本主義の退廃的な娯楽と見なされていたが、北京大学でカリキュラムへの採用が検討されるほどの人気スポーツとなり、ゴルフ場の数もアジアでは日本に次いで多い[6]。


国       ゴルフ場の数(2008年)      %

アメリカ合衆国   17,672           50%

イギリス     2,752            8%

日本       2,442             7%

カナダ       2,300             7%

オーストラリア   1,500            4%

ドイツ        684             2%

フランス      559             2%

中国         500             1%

スウェーデン     480             1%
南アフリカ     450            1%


その他      5,773            17%

世界総計     35,112



(Wikipediaより一部引用)


コース

詳細は「コース (ゴルフ)」、「フェアウェイ」、「ラフ_(ゴルフ)」、「バンカー (ゴルフ)」、および「グリーン (ゴルフ)」を参照

スタート


アウトスタート1番ホールからスタートインスタート10番ホールからスタート

ホールイン

パー4のコースを例にとると、1打で入れた場合ホールインワン、2打で入れた場合イーグル、3打目の場合バーディー、4打目の場合パー、

5打目の場合ボギー、6打目の場合ダブルボギー、7打目の場合トリプルボギー、8打目の場合ダブルパー、もしくは、カドラプルボギーと呼ばれる。

他、パー5のコースに限り2打で入れた場合(基準より3打少ない)アルバトロスと呼ばれる(パー4の基準を当てはめると1打で入れる=ホールインワンとなる)。

下の表の用語の前の記号はゴルフ番組でよく使用される記号である。


打数

パー3

パー4

パー5

1打ホールインワン ◎イーグル ☆アルバトロス  ダブルイーグル コンドル  トリプルイーグル


2打 ○バーディー ◎イーグル ☆アルバトロス  ダブルイーグル

3打 パー ○バーディー ◎イーグル

4打 △ボギー パー ○バーディー

5打 □ダブルボギー(ダボ) △ボギー パー

6打 トリプルボギー   ダブルパー □ダブルボギー(ダボ) △ボギー

7打 カドラプルボギー トリプルボギー □ダブルボギー(ダボ)

8打 +5 ダブルパー

カドラプルボギー トリプルボギー



(Wikipediaより引用)


ショット


ショットボールを打つこと= 打撃。ティーショットティーインググラウンドからのショット。

アプローチショットグリーンの周りからのショット。バンカーショットバンカーから脱出するショット。

パット特にグリーン上でパターを用いてボールを打つこと。フェードボールの軌道を右に変化するようにショットすること。

キャリーショットされたボールの空中における飛距離。ランショットされたボールが、一度地面に接してから制止するまでの距離(弾んで空中に存在する分も含まれる)。


その他



アゲンスト「向かい風」のこと。和製英語。無風状態よりキャリーが減ることがある。

フォロー「追い風」のこと。和製英語。無風状態よりキャリーがより増えることがある

。局外者競技者の意思とは関係なくボールを勝手に動かすカラスや、穴を掘ったりしてコースの形状を変えてしまう動物や物。風と水は局外者ではない。

ドッグレッグ犬の足のように曲がったコースのこと。

ニアピン通常、パー3のショートホールの第1打で、カップに最も近い距離を争う。

直接カップインすると「ホールインワン」である。

(パー4のミドルホールの第2打を対象とした「セカンド・ニアピン」というやり方もある)

ドライビングコンテスト(ドラコン)通常はパー5(ロングホール)以上の距離の第1打の飛距離を争うもの。



近年は「ドライビングディスタンス」と称して、開催期間中の指定されたロングホールにおいての平均飛距離を争うコンクールも行われている。

クラブにより打撃されたボールには、様々なスピンが加わる。右打ちの者を基準にすると、右回転のスピンがボールに加われば、ボールは右方向に曲線的にそれていく。このボールをスライスと呼ぶ。

逆に左にそれていくのは、フックと呼ばれる。

クラブのスイングは、高速で行われるため、常に直線的なボールを打つのは困難である。

したがって、プロや上級者は、意識的にどちらかの曲がりが一定幅に収まるようにコントロールしている。

このコントロールされたスライスをフェードと呼び、コントロールされたフックをドローと呼ぶ。

球の進行方向に対して逆方向への回転になることから、スライスは球が止まりやすく、

正方向への回転となるフックは球の転がりが持続する傾向が強い。


(Wikipediaより一部引用)




ゴルフボール

球の直径は1.680インチ以上、重さは45.93g以下と定められている。

軽さには制限がなく水に浮くボールも市販されており、回収しやすいため練習などに用いられる。

表面にある無数のくぼみはディンプルと呼ばれ、気流の圧力抵抗を下げ軌道を安定させる効果がある。

テーラーホブソンのエンジニア、ウィリアム・テーラーが1905年に発明した。

表面の材質により、ディスタンス系とスピン系に大きく分けられる。

ディスタンス系はスピンがかかりにくいのでボールが曲がりにくく、また、ドライバーショットなどで距離を稼ぐことができる。

反面、スピン系は飛距離はある程度犠牲になるが弾道を意図的にコントロールしやすく、またバックスピンを利用してグリーン上にボールを止めるショットを打ちやすい。

一般的にはボールを曲げてしまいがちな初級,中級者にはディスタンス系、スピンによって弾道を意図的にコントロールできる上級者にはスピン系が好まれる。

その他


ゴルフバッグ

クラブなどのゴルフ用具を持ち運ぶために使用する。

グローブいわゆる手袋、グラブともいわれる。利き手でない方の手のみに着用することが多い。

ゴルフシューズ(スパイクシューズ)ゴルフは基本的に芝の上で行うが、長さのある芝は滑りやすいため、足底に(金属または樹脂製の)スパイクや滑り止めのついたゴルフシューズの着用は必須である。

近年、金属スパイクを禁止しているコースがほとんどである。

グリーン上ではスパイクで芝を傷つけずに歩くことがマナーとして求められる。

また最近では足底に樹脂スパイクのついたサンダルなどもある。


ティー


ティーティーショットの際にボールを持ち上げて打ちやすくするための台となる木製や樹脂製の5pから10cm程度の長さで杭状の道具。

使用しなくても良いし、ルールに規定はないためマナー上などの問題がなければ、何を使用しても良い。

マーク(マーカー)

主にグリーン上でボールを取り上げる際に、代わりに目印として置いておくもの。

磁石の付いたコイン様の小さな円盤か、地面に差し込む突起のついた大きめの画鋲のような形状をしている。

金属かプラスチック製で1cmほどの大きさ。帽子やサンバイザーの鍔にネクタイピンのような鉄のホルダーを付け、

これに吸着させ携行する事が多い。


グリーン


カート


カートゴルフバッグや競技者を運ぶための小型のコース用の車を広く指す。

プロの場合、ゴルフバッグは通常キャディが持つが、アマチュアでは4人1組の競技者に対してキャディは1人の場合がほとんどであり、いないことも多いため、ゴルフバッグを運ぶために利用されている。

アメリカやイギリスでは競技者が自分のゴルフバッグだけを載せて自分で動かしていくカートもよく見られる。

日本では4人分のゴルフバッグが全て積み込め、電動で動くカートがよく見られる。

2人または4人の競技者が乗り込める乗用カートもある。


メジャー選手権

世界4大トーナメントを『メジャー選手権』と呼ぶ。メジャー選手権を1シーズンですべて優勝することをグランドスラムという。これを生涯のうちで達成することをキャリア・グランドスラムという。

男子


全英オープン

全米オープン

全米プロゴルフ選手権

マスターズ・トーナメント

女子

ANAインスピレーション

全米女子プロゴルフ選手権

全米女子オープン

全英女子オープン

エビアン選手権


男子シニア(50歳以上)

全米シニアプロゴルフ選手権

シニア・プレーヤーズ選手権

全英シニアオープン

全米シニアオープン

ザ・トラディション


女子(LPGA)ツアーにおいては、2000年まで4大大会のひとつだった

デュモーリエ・クラシックを合わせた5大会で優勝することをスーパー・グランドスラムという。

ただし「デュモーリエ・クラシックの優勝経験者」が全英女子オープンで優勝した場合にしか成立しない(2002年にカリー・ウェブが達成)。

女子のメジャー大会は長い歴史を通じて何度も変わってきたため、その複雑な事情を反映した用語のひとつと言える。

世界の主要ゴルフツアー


日本のメジャー大会

男子

日本プロゴルフ選手権大会

日本ゴルフツアー選手権

日本オープンゴルフ選手権競技

ゴルフ日本シリーズ

女子

ワールドレディスチャンピオンシップ

日本女子プロゴルフ選手権大会

日本女子オープンゴルフ選手権競技

LPGAツアーチャンピオンシップ


男子シニア(50歳以上)


日本シニアオープンゴルフ選手権競技

日本プロゴルフシニア選手権大会



(Wikipediaより引用)